土砂災害警戒情報について
「土砂災害警戒情報」は、大雨警報(土砂災害)が発表されている状況で、命に危険を及ぼす土砂災害がいつ発生してもおかしくない状況となったときに、市町村長の避難勧告や住民の自主避難の判断を支援するよう、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報で、埼玉県と熊谷地方気象台が共同で発表しています。 対象市町村内で土砂災害発生の危険度が高まっている詳細な領域については「土砂災害警戒判定メッシュ情報」でご確認ください。周囲の状況や雨の降り方にも注意し、土砂災害警戒情報等が発表されていなくても、危険を感じたら、躊躇することなく自主避難をお願いします。

土砂災害警戒判定メッシュ情報について
土砂災害警戒判定メッシュ情報は、大雨による土砂災害発生の危険度の高まりを、地図上で5km四方の領域ごとに5段階に色分けして示す情報です。 常時10分毎に更新しており、土砂災害警戒情報や大雨警報(土砂災害)等が発表されたときに、土砂災害警戒判定メッシュ情報により、どこで危険度が高まっているかを把握することができます。 避難にかかる時間を考慮して、危険度の判定には2時間先までの雨量及び土壌雨量指数の予測値を用いています。 土砂災害発生の危険度が高まっている領域にお住まいの方は、土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域等の外の少しでも安全な場所への早めの避難を心がけてください。
説明
 [実況で土砂災害警戒情報の基準に到達]
過去の重大な土砂災害発生時に匹敵する極めて危険な状況。 命に危険が及ぶような土砂災害がすでに発生していてもおかしくない。 この状況になる前に土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域等の外の少しでも安全な場所への避難を完了しておく必要がある。
 [予想で土砂災害警戒情報の基準に到達]
命に危険が及ぶような土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況。 速やかに土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域等の外の少しでも安全な場所への避難を開始する。
 [実況または予想で大雨警報の基準に到達]
土砂災害への警戒が必要。 避難の準備をして早めの避難を心がける。 高齢者等は速やかに土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域等の外の少しでも安全な場所への避難を開始する。
 [実況または予想で大雨注意報の基準に到達]
土砂災害への注意が必要。 今後の情報や周囲の状況、雨の降り方に注意する。
 [実況及び予想で大雨注意報の基準未満]
今後の情報や周囲の状況、雨の降り方に留意する。

レーダ雨量について
危険度の判定にはに使用する予測雨量には、降水短時間予報を使用します。降水短時間予報は、レーダにより推定される面的な雨量を、アメダス等の観測値により補正し、精度を上げた雨量情報(解析雨量)により毎時間の雨量分布から求めており、それぞれの場所の雨域の移動速度を使って、直前の雨量分布を6時間分移動させて、6時間先までの雨量分布を予報したものです。 予測の計算では、雨域の単純な移動だけではなく、山の斜面で雨が強まったり、山を越えて雨が弱まったりする地形の効果も考慮しています。 また、予報時間が延びるにつれて、次第に雨域の位置や強さのずれが大きくなるので、予報後半には数値予報の結果も加味しています。 降水短時間予報は、10分間隔で発表され、6時間先までの各1時間雨量を予報します。例えば、12時の予報では18時までの、12時10分の予報では18時10分までの、各1時間雨量を予測します。

土壌雨量指数について
危険度の判定にはに使用する土壌雨量指数は、降水が土壌にしみ込み、土壌中の水分量としてどの程度蓄えられているかを把握するための指標です。 直列3段のタンクモデルによって、土壌中に蓄えられる水分量を求めているものであり、土壌雨量指数値が高いほど山崩れ、がけ崩れの危険性が高くなります。 また、土壌中の水分は、3段タンクの貯留量の合計値で表しますが、実際に蓄えられている水分量を表しているものではなく、推定値となります。
タンクモデル概念図
- タンクモデル概念図 -
土壌雨量指数=第1タンク水分量+第2タンク水分量+第3タンク水分量